予約はこちら
麻生本院 011-757-0030
琴似サンコーボウル院 011-215-5403
新琴似院 011-299-6668

このようなお悩み・症状ではありませんか?

  • スポーツで肩を痛めてしまった
  • 野球肘・テニス肘になりやすい
  • バランスを整えるストレッチが知りたい
  • 昔一度痛めたところがまた痛む
  • 肉離れや捻挫がなかなか治らない

スポーツ障害の原因とは?

継続的なスポーツや運動での負荷

継続的なスポーツや運動をすると、それ程大きな負荷ではなくても、同じ部位に繰り返して力が加わることになり痛みが生じます。 力が加わった部位は、金属疲労のように弱い力でも骨折や炎症などを起こしやすくなります。また筋肉や骨などが酷使され、部分的に変形や障害を起こしていることもあります。腕や手、脚、腰などが多く、少し力が加わっただけで、ケガや患部が悪化したりする場合ももあります。

整骨院におけるスポーツ障害の治療とは?

スポーツ障害全般の治療

肉離れや捻挫・突き指・靭帯損傷・骨折などスポーツでのケガや障害を治すには、できるだけ早期の治療が絶対条件となります。札幌市北区・西区のちせのわ整骨院では、これらのスポーツ障害全般の治療と、できるだけ早く復帰できるようリハビリを行い、早期の復帰を目指します。また、手首・足首の骨折などに関しても、病院でレントゲン検査をして頂いた上で適切な治療を実施しています。
実際に、当院では野球・サッカー・水泳・バトミントンなど各種のスポーツ選手の治療を行ない、各選手の現場復帰に貢献しています。

スポーツ障害における病院との治療の違い

札幌市北区・西区のちせのわ整骨院では、それぞれに異なるスポーツ障害の症状に応じて、問診や経過観察をじっくり行い、患者さんとのコミュニケーションをとりながら治療を進めていきます。そうすることによって治療の進行状況を患者さんが正確に把握できるという安心感があります。
また、ちせのわ整骨院ならではの痛みの原因を根本的治療するソフトな手技施術を行うことも特徴です。
一例を挙げると、スポーツで捻挫した場合などは、通常の病院では患部を固定しますが、その間動かさなかった患部の筋力は落ちて元どおりになるのにかなりの期間を要します。
一方、札幌市北区・西区のちせのわ整骨院では「手技」によってしっかり患部の筋肉を動かしながら治療するので、筋力が落ちることがなく、早期の快復が実現できるのです。