予約はこちら
麻生本院 011-757-0030
琴似サンコーボウル院 011-215-5403
新琴似院 011-299-6668

このようなお悩み・症状ではありませんか?

  • 階段の上り降りで膝が痛む
  • 正座ができなくなってしまった
  • 歩くときにすねの筋肉が痛む
  • O脚気味で脚を揃えて立つ事ができない
  • 膝に水が溜まっているように思う

ちせのわ整骨院のおかげで
膝痛が解決しました。

膝痛の原因

膝、脚の痛みの原因の違い

年齢に関係なく膝や足の痛みを感じることがありますが、特別な負荷がかかるスポーツや仕事に従事していない限り、若いうちから痛みを抱えることはありません。加齢と共に変形性の問題や筋肉の衰えが目立つようになってくると、毎日の痛みにつながります。一度膝を痛めてしまうと、毎日の生活の中で必ずと言っていいほど使う場所ですので、回復に時間がかかってしまいます。 痛みが治まらない場合は、関節リウマチなどの疾患の恐れもあります。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症
変形性膝関節症は女性に多く、膝に極度の負担がかかる、軟骨部分が消耗することによって変形性膝関節症を患うことが主に原因とされています。最初はだるさやこわばり程度だったものが、次第に痛みへと変わっていくことになります。関節の動きを滑らかにするための関節液が大量に出ることによって、いわゆる「水がたまった」という状態になると、強い痛みを感じます。

脚の構造に関して
本来人間の身体は生活の中の動作や、跳ぶ、走るなどの運動に十分耐えられる構造になっています。 それが年齢を重ねていくと、膝部分の関節軟骨のすり減りが出てくるようになり、その結果膝に痛みが生じるようになります。また、足そのものには原因となるものがなくても、腰から原因が来る場合もあります。
脊柱の病気(狭くなるなど)によってその中を走る神経が触って痛みを起す結果になる場合があります。このような場合にはどちらか片方の足が痛むことになります。

膝痛の治療とは?

症状によって変える様々な治療法

膝や腰の痛みに関しては、どこが痛みの原因になっているかまず探します。例えば、股関節や足関節などの痛みが生じていない場所が原因となっている場合には、身体のバランスを整える調整を行うことによって、症状は減少します。
もしくは、使いすぎによって疼痛が出現している場合。腸脛靱帯炎やジャンパー膝といった症状には、炎症症状を減少させるために電気治療を行い、固定する。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療については、足のストレッチや全体的なバランスの調整を継続的に行い、症状は徐々に減少します。その後、弱くなった筋力を回復させるためのトレーニングを継続的に実施します。 当院では水が溜まっていたとしても水を抜くことはできないので、あくまでも関節や筋肉を調整して症状を減少する方法を行います。 脚の痛みは、O脚やX脚もしくは偏平足などを改善することによって、良くなる場合も数多くありますので、お困りの症状などがございましたらご相談ください。