交通事故にて、頚部や背部の痛み、右手の握力の低下を訴え当院を受診。4か月治療を行い症状改善する。

交通事故による症状

【診断名】
頚部捻挫。背部挫傷。

【初期症状】
頚部の疼痛や可動域制限が顕著。
右手の握力低下を認める。
背部の疼痛と腫れを認める。

交通事故治療内容

【通院初期】
頚部にアイシングの徹底と手技療法を行い、コルセットにて安静肢位を保つ。
右手の痺れも感じ始め握力の低下は残存している。
背部には超音波療法とテーピングにてサポートを行う。

【通院中期】
頚部のコルセットは外し生活を出来る状態にはなったものの、振り向きなどは困難。
右手の痺れや握力の低下は徐々に改善傾向に向かう。
背部の痛みは減少傾向ですが背筋を伸ばすような動作をすると多少の痛みを伴う。

【通院後期】
頚部は運転などしても支障が出ない状態まで回復。
右手のトレーニングを行い握力も正常になる。
背部も筋力トレーニングやストレッチを行い改善される。
4か月治療を行い終了する。

☆☆☆☆☆☆
交通事故むち打ち治療実績、札幌1位の整骨院
札幌市北区・西区の整骨院
〇ちせのわ整骨院麻生本院
〒001-0908 札幌市北区新琴似8条1丁目1-45坂田ビル1階
TEL 011-757-0030
〇ちせのわ整骨院琴似院
〒063-0814 札幌市西区琴似4条7丁目1-20サンコーボウル1階
TEL 011-215-5403
〇ちせのわ整骨院新琴似院
〒001-0910 札幌市北区新琴似10条2丁目1マックスバリュ敷地内
TEL 011-299-6668
☆☆☆☆☆☆

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例