交通事故にて負傷。横断歩道を歩行している際、左折してきた車と衝突したMさん

交通事故による症状

右上腕部挫傷腰部捻挫右大腿部打撲
<初期症状>
右上腕部限局性圧痛、運動時痛腰部運動時痛、安静時痛右大腿部限局性圧痛、皮下出血

交通事故治療の内容

右上腕、右大腿部ともに限局性圧痛、炎症症状が出現していたため、アイシングを行う。その後、超音波治療にて治療を行う。腰部は運動時痛、安静時痛が著明の為アイシングの後、手技療法を加え、テーピングにて固定。その後、継続的に手技療法、超音波治療を行う。各部位の疼痛が減少後、各関節の可動域制限に対し、運動療法を加える。上記治療を継続し日常生活、仕事中の疼痛が消失。
<治療終了後>
日常生活での疼痛が消失した。

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例