交通事故にて負傷。停車中、後続車両が前方不注意のために衝突されたNさん

交通事故による症状

頸部捻挫腰部捻挫
<初期症状>
頸部・腰部ともに安静時痛-動作時痛+

交通事故治療の内容

頸部・腰部ともに初検時にアイシングを行ったが、その後は温熱療法を実施手技療法も同時に開始し、患部に対しての筋肉・関節に対してのアプローチを行い徐々に関節可動域の制限は改善されてきたが、動作時痛は残存した上記を継続し、疼痛の軽減を認め日常生活での支障も減少してきたが、仕事での長時間の座位姿勢など負担が強くかかる要因もあり、筋力トレーニングを開始姿勢改善を行い、頸部・腰部ともに気にならない状態まで回復し、経過を観察した
<治療終了後>
仕事で、長時間座っているのが辛かったが、そういった辛さも感じなくなった

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例