交通事故にて負傷。助手席に乗っていて交差点侵入時に、対向車両と衝突したHさん

交通事故による症状

頸部捻挫背部挫傷
<初期症状>
頸部安静時痛著名。頭痛や吐き気+背部安静時痛はないが、運動時痛+

交通事故治療の内容

初検時、患部疼痛が著名で、アイシングを実施しその後超音波治療を実施手技療法を開始し、疼痛が非常に強く継続的な治療が必要であることを説明し1・2カ月継続治療吐き気やめまいは、天候によっての変化もあるが気にならないレベルまで回復背部動作時痛は、よほど重いものを持つなどの動作じゃない限り問題なし手技療法を継続していたが、運動療法を行いながら痛みによって動かすことを嫌がっていた関節を動かすなどの動作を増やし経過を観察した
<治療終了後>
日常生活での支障はなし

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例