交通事故にて負傷。走行中、交差点にて対向車線から右折してきた車と衝突したHさん

交通事故による症状

右肘部打撲頸部捻挫腰部捻挫
<初期症状>
右肘伸展屈曲ともに可動制限+。屈曲時疼痛++頸部左回旋時疼痛+。安静時疼痛+腰部後屈時疼痛+

交通事故治療の内容

初検時、頸部・腰部ともにアイシング・超音波治療を実施。右肘はアイシングを実施全部位疼痛が顕著に出現しており、手技療法を徐々に開始熱感が非常に強くアイシングを継続しながら、患部をテーピングや包帯にて固定し安静保持を図る可動域は徐々に拡大するものの、疼痛は残存しているため、継続治療を行った安静時痛は減少し、可動域も増加ここから、運動療法を開始し疼痛が徐々にさらに減少し経過は良好に向かった
<治療終了後>
肘に重量物を持ちあげる時など違和感が出現することもあるが、日常生活での目立った支障はなくなった

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例