交差点を歩いていて、前方から左折してきた車両に追突されたHさん

交通事故による症状

頸部捻挫左上腕部打撲腰部捻挫左大腿部打撲
<初期症状>
打撲部の皮下出血+。動作時痛++頸部安静時痛++。熱感+腰部動作時痛+。熱感-

交通事故治療の内容

打撲2部位には、アイシング・超音波治療を継続実施し、炎症消失・皮下出血減退を図る。その後、視診時は良好に向かうが動作時痛残存。周囲の筋調整を行い、経過は良好に向かう。頸部・腰部ともに初検時には、超音波治療を用いて徐々に手技療法を実施。頸部安静時痛が強く出現していたため、継続的な治療が必要となっていたが、動作時痛のみとなる。頸部・腰部ともに、疼痛をかばうために姿勢の変化が見られ、経過良好となってきたため筋力強化運動を実施し、筋力の再教育を図った。
<治療終了後>
日常生活にて疼痛を感じることなく生活できている。

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例