交差点を歩いていて、側方より車に衝突され転倒したHさん

交通事故による症状

右手関節捻挫右足首関節捻挫腰部捻挫
<初期症状>
右手を衝いた時の痛み。腫脹+歩行による荷重での痛み。腫脹・皮下出血+腰を右に捻る時の痛み。初動作時痛

交通事故治療の内容

右手関節・右足関節ともに包帯にて固定を初期に行い、アイシング・超音波治療にて皮下出血・腫脹の減退を図る動作時痛が減少するが疼痛は残存し、包帯による固定が困難になってきて、その後キネシオサポートに切り替えていく主婦のため、安静保持を保つことができず、疼痛減少までに時間を要したが回復傾向に向かう腰の初検時の疼痛が強く、超音波治療を上記のように継続実施手技療法を初検時より実施し、疼痛減少し可動域拡大ストレッチの実施・腹筋力の強化トレーニングを行い経過は良好に向かう
<治療終了後>
右手で重量物を持つときに怖さを感じることもありますが、日常生活にて痛みなし。

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例