走行中に対向車線の車が右折してきて、前方から衝突したAさん

交通事故による症状

頸部捻挫右膝打撲
<初期症状>
首の動作時痛。頭痛(+)、吐き気(+)右膝の動作時痛。皮下出血(+)

交通事故治療の内容

頸部の熱感が顕著に出現しており、アイシングと超音波治療を継続し熱感消失を図る手技療法を加え、上記を継続し疼痛の減少と可動域拡大につながる頭痛や吐き気は、治療継続することで減退傾向に入り、頸部の疼痛が減少するとともに症状が消失した右膝の皮下出血減退のために、頸部と同様の処置を行い、包帯にて固定する疼痛は減少したが、固定継続により筋力の低下を認める膝の可動範囲が良好に向かい、運動療法にて筋力の再教育を図った
<治療終了後>
吐き気や頭痛は疲れがたまると出現するが、頸部の疼痛はなく生活できている。膝はスポーツをしても問題なく生活できている。

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例