駐車場で停車中に、駐車しようとした車に当てられ追突事故

交通事故による症状

腰部捻挫
<初期症状>
始めは炎症が強く、腰を前屈、後屈する事ができない長時間座っている事ができない

交通事故治療の内容

初期は炎症が強く、圧痛も強かった為、超音波治療、ハイボルト治療を中心に行う。コルセットも処方し安静を図り、痛みが減ってきてからは手技療法、運動療法を中心に行う
<治療終了後>
腰の前屈と後屈は完全に痛みがでなくなった長時間座っていても、痛みは出なくなり、姿勢もよくなった

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例