信号待ちで停車中に玉突き事故に遭ったAさん

交通事故による症状

頚部捻挫、胸部挫傷、腰部捻挫
<初期症状>
首は前後の動きで強い痛みと炎症有り胸部は深呼吸時や咳をした時の痛みと圧痛有り腰部は前後の動きと座っている時の痛みと炎症有り

交通事故治療の内容

頚部、胸部、腰部共に初期は超音波治療を行ない、アイシングとテーピング固定、胸部はリブバンド、腰部はコルセットを処方した。炎症が治まったら、徐々にマニュピレーションをして関節調整を行ない、手技療法で筋緊張を落とし、関節可動域を広げた。痛みが下がってきたら、ストレッチや筋肉トレーニングなどの運動療法も漸次行ない、姿勢改善、再発予防のための治療に努めた。
<治療終了後>
日常生活動作、深呼吸や咳でも痛みが出なくなり、支障なくなった。

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例