走行中の車に足をひかれて接触事故にあったAさん

交通事故による症状

膝関節捻挫足関節捻挫足背打撲
<初期症状>
足背をひかれてしまって、膝関節の完全屈曲ができない状態足背の腫れ足関節内反時痛

交通事故治療の内容

膝関節に対しては、痛みが強く出ていて、包帯固定をメインに保存療法を主体に行う10日目からテ-ピングに張り替え、ストレッチを弱く入れていく可動域の制限を除去していく足背の腫れは、浮腫も強くハイボルトでの施術を行いながら、手技で誘導療法を行う腫れは、3週間目から、エクササイズを導入する足関節は関節の変位があり、整復したあとに、痛みが減ったため、2週間目から運動療法を入れていく
<治療終了後>
痛みがほぼ取れ日常生活に支障がなくある走るときの違和感もなくなる

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例