助手席に乗車中、スリップしてきた対向車との衝突事故に遭ったNさん

交通事故による症状

頚部捻挫、背部挫傷、腰部捻挫
<初期症状>
頚部は横と後ろに曲げた時の痛みと炎症があり、背部は圧痛と炎症が著明で、体を前と横に倒した時の痛み、腰部は座っている時の痛みが強く、炎症もある

交通事故治療の内容

初期は頚部は炎症部分にアイシングをして、テーピング固定をし、背部は超音波治療を主に行い、筋肉の炎症と痛みを抑える処置。腰部に関しては関節調整を行ない関節可動域をだした。事故後1か月からエクササイズを行ない、バランスを整えた。
<治療終了後>
痛み、運動制限共に完全に消失

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例