視界不良の道を歩行中に車にひかれてしまったYさん

交通事故による症状

足関節捻挫頚部捻挫
<初期症状>
頚部の回旋時の斜角筋の痛み足関節靭帯の皮下出血三角靭帯の損傷歩行困難

交通事故治療の内容

足関節の歩行困難三角靭帯の損傷が強く固定具を用意て超音波での施術がメインになる。2週間目から回復し始め、前脛骨筋腓骨筋後脛骨筋の順番でトレーニングを開始する。頚部は回旋時の斜角筋の痛みがあり、しびれは初見時からナシ、頚椎の調整と、頭を支えるための姿勢維持をレクチャーする。
<治療終了後>
足の痛みがなくなり歩行時の痛みもなくなる頚部は1カ月目で痛みがなく終了する

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例