自転車で道路を横断中、車とぶつかり転倒したAさん

交通事故による症状

頚部捻挫、右肩関節捻挫、右大腿部打撲(上部)
<初期症状>
頚部は前後左右の動作で強い痛みと炎症が強くあり、右肩は60度まで挙げると痛みが出て、それ以上挙げられない。右大腿部は皮下出血班、腫脹があり、歩行時に痛み、圧痛、炎症が著明にある。

交通事故治療の内容

炎症が強いうちは主に超音波治療を行ない、頚部、右肩にはテーピング固定をし、右大腿部には包帯固定をした。動作痛を改善するために、関節にマニュピレーション、筋肉には手技とストレッチを徐々に行ない、運動慮法をして姿勢改善も少しずつ行なった。
<治療終了後>
自転車走行を含めて、日常生活中の痛みは無くなり、支障なくなった。

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例