新型コロナウイルスの対応について >>
予約はこちら
麻生本院 011-757-0030
琴似サンコーボウル院 011-215-5403
新琴似院 011-299-6668

雨の視界が悪い道で横から車に突っ込まれたAさん

交通事故による症状

頚部捻挫腰部捻挫右下肢放散
<初期症状>
頚椎の左右側屈時斜角筋の痛み腰部L4L5S1間の後屈痛右下肢の放散痛

交通事故治療の内容

頚椎に左右側屈時かなりの痛みがあり、骨折も頭に入れながらの治療になる。2回目の整形外科でMRIを行ってもらい骨折がなかったため、頚椎にマニュピュレーションを行う3週間後に痛みが半分まで落ちたので、運動療法をレクチャーしながら、生活中の注意点等を教える下肢の放散症状の原因が、L4-L5間が狭くなっているため、間隔を広げる施術を施す。下肢に対しては梨状筋のトレーニングを中心に行う
<治療終了後>
頚椎の痛みがほぼすべてなくなり、治癒腰椎の痛みが半年ほどでなくなり、Aさんの主訴であった下肢のしびれは、2か月目から弱くなり、3か月目で消失する

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例