停車中に車が後ろから追突してきたFさん

交通事故による症状

頚部捻挫肋骨部骨折初見時肋骨部の骨折あり、(7番8番)呼吸時の痛みも強くうつぶせになることができなかった頚部の肩甲挙筋の痛み炎症があり首の前屈運動で痛みが強くなる状態

交通事故治療の内容

肋骨部骨折は7番目と8番目の骨折があり、リブバンド(肋骨の固定具)を処方し、超音波主体の施術を行う。呼吸時の痛みが強く浅い呼吸をするように指導する2か月目で、寝返りをしてもいたくなくなる肋骨の上下運動の運動指導をしていき、痛みが少しずつ下がっていく<治療終了時の症状>4カ月目で、痛みがほぼなくなり、違和感だけになり、来院回数も少なくしていき、5カ月目で痛みがほぼなくなる頚部は前屈時肩甲挙筋の痛みがあり、炎症がある筋膜リリースを行いトレーニング肩甲骨の柔軟性をあげていく<治療終了時の症状>肩甲挙筋の痛みが3週間でなくなり、日常生活に支障がない状態になる

知っていましたか?自己負担0円、自賠責保険の適用

交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、窓口での自己負担は0円ですので、安心して通院できます。

交通事故の場合、
自賠責保険が適用されるため
自己負担は0円 必要な施術を安心して受けていただけます。

関連する交通事故施術事例