自損事故の場合 施術費は自己負担?

自損事故でも任意保険で

車を運転される方は、ほとんどの方が「任意保険」に入っています。
(自賠責保険は必須で加入しています)。
任意保険には、ケースにもよりますが、時には物損、自損事故などの場合の治療費が下りる場合があります。
ですから、物損事故、自損事故などを起こしても諦めないで「ちせのわ整骨院」にお問い合わせ下さい。

任意保険の補償内容について

アドバイス

交通事故は心にも大きな影響を及ぼします。
交通事故によるムチウチ症は首や腰などだけではなく、自律神経などにも影響を及ぼします。

そのため頭痛やめまい、吐き気、倦怠感といった目に見えない形での症状としてあらわれることも多いです。周りの方には外見的には大した怪我もなく健康であるように映るため、「保険金目当ての仮病ではないのか」、「事故を理由に仕事を怠けているだけではないのか」といった根も葉もない噂をたてられて傷ついてしまうことも残念ながらあります。

法律の専門家もご紹介します。

交通事故当事者を悩ませる「示談」という壁

治療の他に、示談交渉なども並行して行わなければならず、日常的にかかる心理的な負担は相当なものです。
しかし、一旦示談が成立をしてしまえば、そうした負担が軽減されて気持ちも前向きになります。
また怪我などの回復には精神面も影響を及ぼすため、体の治療と心の治療は同時進行で行う必要があります。
特にここ最近は、加害者側が菓子折りを持って被害者側のもとへ謝罪に訪れたりといったことも少なくなり、加害者側の事故を起こしたことへの自覚が希薄になってきてしまっていると感じます。

そしていざ事情聴取となれば、お互いに保身のための主張を繰り返してなかなか妥協点を見出せないという事態になってしまいます。
こうした問題も、専門家に助けを借りることでかなり軽減をされます。助言を求めるには、なにも行政書士や司法書士、弁護士のもとへ赴かなければならないわけではありません。
ちせのわ整骨院にお越しいただければ、法律の専門家、弁護士さんもご紹介することが可能です。
安心して治療に専念していただきたいと考えています。

加害者になってしまった場合の治療費について

加害者の場合でも、事故の内容、過失割合により自賠責保険、あるいは任意保険がでる場合があります。
ですから、事故を起こしてしまった責任を感じて、痛みを我慢しよう・・・と思う必要はありません。
事故後もしっかりと健康な社会生活を送るために、交通事故の後遺症をとる治療をおこなったほうが懸命です。
交通事故後、雨の日になると偏頭痛が・・・、首のまわりが悪くなった・・・・など、しっかり治療しないと日常生活が辛く後遺症となってしまいます。しっかりと治療をおこないましょう。

交通事故 こんなときどうすればいい?

case6

お問合せはこちら|札幌北区・西区交通事故むち打ち整骨院

交通事故治療に関する事は何でもご相談下さい!ちせのわ整骨院