助手席や後部座席で事故にあっても保険は効く?

交通事故後なんだか頭痛がする、手足が痺れるようになったという方、
「ムチウチ症」が原因かもしれません。
「この間信号待ちをしていたら、後ろから他の車にぶつけられて、ムチウチになっちゃってさ。」
交通事故には誰もが遭遇してしまう可能性があります。

自動車での追突事故などによって引き起こされるムチウチ症の怖いところは、原因となる事故などに遭ってから数日後、場合によっては数週間後に症状があらわれるところにあります。
具体的な症状としては、手足の痺れ、めまい、耳鳴り、頭痛、首や肩の痛み、肩のこり、吐き気といったものがあります。これらの症状があらわれるのは原因となる事故などから時間が経過した後なので、ムチウチ症によるものとは気付かずにそのまま放置をしてしまう場合も多いようです。

また医療機関に赴いた場合でも、ムチウチ症はレントゲンでは異常箇所がわからないということも多く、有効な治療法を施されることなく湿布や痛み止めといったその場しのぎの対症療法で済まされてしまうということも珍しくありません。これでは根本的な解決をすることは難しいです。

札幌市北区ちせのわ整骨院では、患者様のお話を真摯に受け止め、レントゲンなどにばかり頼らず問診や触診を行って痛みの原因を見つけ出します。
ムチウチ症には大きく分けて、以下の5種類があります。

むちうちは5つに分類される

むちうちの症状は5つのパターンに分類されます。
それぞれの症状にあった治療を行うことが大切です。


1つ目は頚椎捻挫型です。このタイプはムチウチ症全体の70~80%を占めると言われています。頭を支えている頚椎周辺の筋肉や靭帯といった軟部組織の損傷を原因として、首の後ろや肩に強い痛みを感じたり、首や肩を動かすことのできる範囲が狭まるといった症状があらわれます。


2つ目は根症状型です。このタイプは、頚椎を構成する骨の並びに歪みが生じ、神経が圧迫をされることで首の痛みだけではなく、手足の痺れ、だるさ、後頭部の痛み、顔の痛みなどといった症状を引き起こします。


3つ目はバレ・リュウー症状型です。別名後部交感神経症候群とも呼ばれ、頚椎に沿って流れている椎骨動脈の血流低下により、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気といった症状があらわれます。


4つ目は脊髄症状型です。頚椎の脊柱管を通る脊髄や下肢に伸びる神経が損傷することで、下肢の痺れや足先の感覚が鈍るといった知覚障害が起こり、歩行障害があらわれます。また膀胱直腸障害も起こり、尿や便が出にくくなります。


最後の5つ目は脳脊髄液減少症です。何らかの衝撃により髄液が漏れ、頭痛がおこったり、天候によって症状の強さが左右されるといった特徴があります。

この症状は、整骨院では治療できませんが、軽いめまいやしびれをリハビリで改善することができます。

治療

事故に巻き込まれた場合、痛みや身体の事は勿論ですが、保険の適用、金額などを気にしてしまうことも多いのでは無いでしょうか。

実際に運転手にしか保険は適用されないと思っている方も多いようですが、車内に居た方であれば基本的には保険は適用されるものです。

保険の適用が受けられないのではないか、免許の点数が引かれてしまい、今後の運転に差支えは出ないかと思う方も居ますが、大丈夫と思ってください。

ですから交通事故で体調を崩されてしまった方は迷わず病院に行って下さい。
「同乗者には保険は適用される」これは、念頭に置いておきましょう。

保険の中にも休業補償、または通院費などの内訳がありますが、これらも同乗者には運転者と同じように適用されるケースが大体です。
当院では交通事故後の診療を行っておりますので、車に乗っていて事故に巻き込まれた方は、お気軽にお越し下さい。

交通事故 こんなときどうすればいい?

交通事故の保険は助手席に座っていた方にも適用されます!
case5

お問合せはこちら|札幌北区・西区交通事故むち打ち整骨院

交通事故治療に関する事は何でもご相談下さい!ちせのわ整骨院