レントゲンに映らないむち打ちによる体の痛み

  • 体のだるさが取れない
  • だるさ、倦怠感
  • やる気が全く出ない
  • 気分が乗らない、何をしていても楽しくない

交通事故による「むち打ち」の症状として、よくあることなのですが、
病院へいってレントゲンをとっても「異常がない」、MRIをとっても「異常がない」という診断をくだされ、
痛みを痛み止め薬等でやわらげるだけで治療しようとします。

むち打ちの痛みは、病院では治りません。なぜなら筋肉の緊張から起こる痛みだからです。
交通事故後のむち打ちで「体のだるさが取れない」「倦怠感が続いている」「やる気が全く出ない」
「気分が乗らない」という方は、交通事故による後遺症の可能性があります。

筋肉が硬くハリがひどいと、頭に血流が上手く流れず、スッキリしない、体が重いという状態が続きます。
ちせのわ整骨院では
筋肉へアプローチし、ちせのわ独自の手技治療、矯正で改善していきます。

わずかな衝撃でも、身体にとっては大きな影響であることも少なくありません!

レントゲンに移らない事故の不調

レントゲンに写りにくい

交通事故で体の中に起きた歪みや筋肉の緊張は、レントゲンに写りにくいので、
レントゲンを撮っても根本的な要因がわからない時があります。

レントゲンは骨の損傷を映し出すもので、筋肉や腱などの損傷を判断することができません。
異常がないから、時間が経てば治る・・・と思っていても、交通事故による筋肉のハリ緊張はなかなか改善しません。札幌市北区の「ちせのわ整骨院」に一度ご相談ください。

交通事故 こんなときどうすればいい?

case1

交通事故後のなんとなくの不調、体の重いだるさ、気力の低下や倦怠感・・・、「そのうち治る」と思わないで、しっかり治療しましょう。
早く治療すればするほど改善も早くなります。むち打ちの痛みは、交通事故直後よりも、数日後・数週間後にひどくなります。
湿布や痛み止め薬などでごまかしていると体の歪みが余計にきつくなり、体が硬くなってしまってなかなかよくなりません。

札幌市北区交通事故治療 症例集

雪道のスリップ事故 札幌市北区40代Sさん

札幌市北区のSさんは、市内を走行中、雪道でスリップ事故に巻き込まれました。
後ろの車に追突され、スピードもそうでていなかったので、最初はそんなにひどい症状になるとは思わなかったそうです。
事故から数日してむち打ちの症状がひどくなりました。

病院で治療を受けていましたが、レントゲンでは異常が認められず、湿布や痛み止め薬を飲んでいましたがなかなか改善せず、めまいや頭痛に悩まされていました。
ちせのわ整骨院にこられて手技の治療がとても気持ちよく、痛みが和らいでいくのを実感されました。
3ヶ月通院され、改善しました。

レントゲンにうつらないムチ打ち 札幌市北区Uさん

Uさんは信号で停車中、後ろの車から追突され、ムチ打ちになりました。
病院で検査を受けたところ、レントゲンでも異常がないといわれて電気治療と牽引治療を受けていたのですが、首の痛みがとれず当院にこられました。
ムチ打ちによる頚椎の損傷は、レントゲンでもうつらず、どうすればよくなるのか病院ではしっかり説明してもらえなかったりします。
当院では手技でしっかりと筋肉の緊張をやわらげる施術、超音波により炎症をとる施術をおこないました。

しっかり説明してもらえて、安心して治療を受けることができたと喜ばれました。

札幌北区交通事故むち打ち整骨院.comの患者様の声

患者様の声

札幌市北区 M様

どのような事故に遭われましたか?

車と車の追突事故。

当院に通われた動機、理由は?

ホームページを見て。

当院の治療はいかがでしたか?

説明も施術も丁寧でスタッフの雰囲気もよくとても親切にしてくれました。

あなたと同じように交通事故に遭われた方へメッセージをお願いします。

体のどこかに不調を感じたら「ちせのわ整骨院」での治療をオススメします。

お問合せはこちら|札幌北区・西区交通事故むち打ち整骨院

交通事故治療に関する事は何でもご相談下さい!ちせのわ整骨院