交通事故腰痛

交通事故の衝撃は強く、慢性的な腰痛が悪化することもあります。

また、ヘルニアを再発したり、ぎっくり腰になったりと交通事故が原因で腰が悪化した方もいます。交通事故で腰の痛みがある方は札幌市北区ちせのわ接骨院へお問合せください。

交通事故後の腰痛

交通事故の腰の痛みは腰部捻挫や急性腰痛症(ギックリ腰)が挙げられます。腰部捻挫は字の通り腰の捻挫になりますが、捻挫とは靱帯及び、内臓や骨以外の軟部組織を損傷することです。骨を写すレントゲンは捻挫を写しませんので、腰部捻挫を起こしてもレントゲンで異常ナシと診断されます。

腰の痛みはバイクや自転車の転倒時、二次災害防止をするために、路肩に移動する時は、被害者も加害者も交通事故に遭い、気持ちが動転しているときです。冷静な時ではなく、焦りがある中で、重いバイクや自転車を運ぶため、ケガをした箇所を余計に痛めることがあります。交通事故では自分の予期せぬ方向に身体が動かされるので、シートベルトをしていても、追突時に腰が動いた結果、腰痛を発生することはよくあります。

腰部捻挫もぎっくり腰もその場の痛みだけを取るのではなく、根本から改善しないと痛みは慢性化したり、再発したりします。痛みが治まったからと安心していて交通事故治療を終了したら、ギックリ腰になりやすい状態のままだったと話される患者様も多数いらっしゃいます。交通事故のケガはしっかり解消しないと、あの時しっかり治しておけば良かった!と後悔することになります。

身体の骨格、筋肉を改善して後遺症のない身体で日常生活が再開できる様に、札幌市北区・西区ちせのわ整骨院は全力を尽くします。

交通事故が原因の椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアを改善した方が交通事故に遭い、再びヘルニアを発症することがあります。交通事故の外部からの刺激は強く、骨と骨の間のクッションになっている椎間板にズレが生じると、神経組織が圧迫されて再発します。

ヘルニアは安静にすることが必要ですが、痛みが沈静化してから骨格や筋肉のバランスを整え、身体のどの部分が神経組織を圧迫しているのかを見極めて、痛みが分散するように身体の重心を整えると、痛み自体は大幅に軽減できます。

血の循環や神経組織の流れをスムーズにすることで、日常生活が通常通りに行えるようになったと喜ばれる方も、多数いらっしゃいます。

お問合せはこちら|札幌市ちせのわ整骨院

今すぐ!お電話下さい!!

ちせのわ整骨院麻生本院
地図
札幌北区新琴似8条1丁目1-45坂田ビル1F
TEL 011-757-0030
琴似サンコーボウル院
地図
札幌西区琴似4条7丁目1-20サンコーボウル1階
011-215-5403